プロジェクトマネージャ試験過去問題
午前2平成22年問23

 経済産業省の“情報システム・モデル取引・契約書”によれば,ユーザとベンダ間
で請負型の契約を推奨しているフェーズはどれか。

┌───┬───┬───┬───┬─────┬───┬───┬───┐
│ シ │ 要 │ シ │ シ │ ソプソ │ シ │ シ │ 導 │
│ ス │ 件 │ ス │ ス │ フロフ │ ス │ ス │ 入 │
│ テ │ 定 │ テ │ テ │ トラグ │ テ │ テ │ ・ │
│ ム │ 義 │ ム │ ム │ ウミウ │ ム │ ム │ 受 │
│ 化 │   │ 外 │ 内 │ ェンェ │ 結 │ テ │ 入 │
│ 計 │   │ 部 │ 部 │ アグア │ 合 │ ス │ 支 │
│ 画 │   │ 設 │ 設 │ テ 設 │   │ ト │ 援 │
│   │   │ 計 │ 計 │ ス 計 │   │   │   │
│   │   │   │   │ ト   │   │   │   │
├───┼───┴───┼───┴─────┴───┼───┴───┤
!)   !)       !)             !)       !)
!)←─────────────── ア ─────────────→!)
!)   !)       !)             !)       !)
!)   !)←─────────── イ ─────────────→!)
!)   !)       !)             !)       !)
!)   !)←─────────── ウ ─────→!)       !)
!)   !)       !)             !)       !)
!)   !)       !)←─── エ ─────→!)       !)
!)   !)       !)             !)       !)

 ア システム化計画フェーズから導入・受入支援フェーズまで

 イ 要件定義フェーズから導入・受入支援フェーズまで

 ウ 要件定義フェーズからシステム結合フェーズまで

 エ システム内部設計フェーズからシステム結合フェーズまで

『ネットワーク分野が苦手な方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


 エ システム内部設計フェーズからシステム結合フェーズまで

> http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080121/291549/
> 図●モデル取引・契約書におけるシステム構築の工程と契約類型
>    ↑
> 上記サイトの図がわかりやすかったです。

 どうもありがとうございます。

> http://joho-shori.gambarou.net/pm/past-question-h22-am2/h22-am2-23.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/keiyaku/model_keiyakusyo_gaiyou.pdf
> 情報システムの信頼性向上のための取引慣行・契約に関する研究会
> 〜情報システム・モデル取引・契約書〜
> P.7
> (モデル取引・契約書)
> 
> 理想的なユーザと、ベンダの役割分担としては、ユーザが、企画段階において
> 業務要件及びシステム要件(外部設計に対するインプット)を主体的に決定・明確
> 化し、その上で開発段階において、ベンダが主体となって業務全体に対する
> 利害関係者の要件のうち、システムに関する部分(システム要件)についての
> 仕様化を行う。また、外部設計がユーザによる承認を受けた後の要件追加、
> 仕様変更、未決事項等は変更管理手続に則り、 委託料・納期等の協議を実施す
> ることが望ましい。このモデルを実現するために、下記の契約類型を基本とし
> ながら、各フェーズにおけるユーザ・ベンダの責任分担を、契約書において詳細
> に規定する。
> ※実際の契約において、準委任型とするか、請負型とするかは、成果物の特定につ
> いての当事者同士の経験や役割分担の遂行能力等に基づき、成果物についての
> 共通理解が事前に十分に成立しているかによる。

 どうもありがとうございます。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

プロジェクトマネージャ試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。