プロジェクトマネージャ試験過去問題
午前2平成22年問07

 プロジェクト期間の 80 %を経過した時点での進捗率が 70 %,発生したコスト
は 8,500 万円であった。完成時総予算は 1 億円であり,プランドバリューは
プロジェクトの経過期間に比例する。このときの適切な分析結果はどれか。

 ア アーンドバリューは 8,500 万円である。

 イ コスト差異は -1,500 万円である。

 ウ 実コストは 7,000 万円である。

 エ スケジュール差異は -500 万円である。

『ネットワーク分野が苦手な方へ』

初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される無料講座です。
1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題
 という構成です。

1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも
 理解しやすい文章で丁寧に解説されています。

2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際
 の資格試験の問題と分かりやすい解説が記されています。

 無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
 勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、
 勉強できる環境を作ってしまうのが重要です

       (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座


 イ コスト差異は -1,500 万円である。

> ア:7,000万
> ウ:8,500万
> エ:わかりませんが500万では無い気がする

 どうもありがとうございます。

> コスト差異は、EV-ACで求めます。
>  7,000万円−8,500万円=−1,500万円となります。
> http://joho-shori.gambarou.net/pm/past-question-h22-am2/h22-am2-07.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.k4.dion.ne.jp/~type_f/22S_L4/22S_L4PM_07.html

 どうもありがとうございます。

> http://www.pmalignment.com/web/note/atz/atz07.html
> PV:8000万
> EV:7000万
> AC:8500万
> CV=EV−AC=-1500万
> SV=EV−PV=-1000万 

 どうもありがとうございます。

> http://www.atmarkit.co.jp/im/cpm/serial/progress/03/01.html
> プランドバリュー(PV) 10000万*0.8=8000万
> アーンドバリュー(EV) 10000万*0.7=7000万
> アクチャルコスト(AC) 8500万
> コスト差異(CV)    EV-AC=7000万-8500万=-1500万
> スケジュール差異(SV) EV-PV=7000万-8000万=-1000万
> よって正しいのはイ

 どうもありがとうございます。

> EV(Earned Value): 出来高。完了済みの作業に対する予算コスト
> PV(Planed Value): ある時点での完了予定の作業に対する予算コスト
> AC(Actual Cost): ある時点までに行った作業によって発生した実コスト
> http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/pm_kiso05/pm_kiso02.html
>
> どうもこの手の問題は苦手です。意味がなかなか理解できなくて。

 どうもありがとうございます。
 出題されたものを解けるようにしておけば十分ですよ。

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

プロジェクトマネージャ試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケット





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。